エコフィードを活用した畜産物生産の優良事例

エコフィードを活用した畜産物生産の優良事例

平成27年度 受賞事例

※社名下線部のリンクをクリックで詳細の資料(PDF)がご覧頂けます。
生産者等
(畜種)
受賞区分 所在地 ブランド名
畜産物加工品
エコフィード等の概要
堀江ファーム
(養豚)
当日発表資料
最優秀賞 千葉県富里市 精肉、ハム、
ソーセージ
コンビニからの食品廃棄物を利用し、安定的にエコフィードを製造。飼料はエコフィード認証を受けており、生産された畜産物はエコフィード利用畜産物認証を得ている。食品業者が求めるオリジナル豚肉作りを実施。
株式会社松永牧場
(酪農 肉用牛)
当日発表資料
優秀賞 株式会社松永牧場 生乳
精肉
おから、焼酎粕、破棄フルーツなどの原料から発酵飼料を製造し乳牛及び肉用牛に給与。生産コストの削減を図っている。飼料計算ソフトにより飼料設計を行い、肉質、乳質への影響・効果を確認。定期的に衛生検査を実施。
株式会社日本フードエコロジーセンター
株式会社あずみ野エコファーム
有限会社臼井農産
有限会社橋本グローバルスワイン
(養豚)
当日発表資料
優秀賞 ・神奈川県相模原市
・長野県大町市
・神奈川県厚木市
・埼玉県深谷市
精肉、ハム、
ソーセージ
食品メーカー等からの食品残渣をリキッド飼料化し、認証エコフィードとして肥育豚に給与。飼料費の低減と肉質の向上を図っている。豚肉は「優とん」等の名称によるブランド化により販売。
有限会社関紀産業
(養豚)
当日発表資料
特別賞 大阪府泉佐野市 精肉、餃子、
コロッケ
給食センター、ホテル、ベーカリー等から収集した食品残渣等を原料として、乾燥又はリキッドのエコフィードを製造し、育成豚及び肥育豚に給与。ブランド豚として販売。